メールに関する解説      ホームページに関する解説

寄せられた質問・疑問にお答えします。
あの時は冷汗もんだったけど、今では笑える想い出。
ステップアップした今だからこそ言える。
そんなパソコン初心者の操作ミスをご紹介。

「選択しないで文字変換」
ワープロソフトを立ち上げ、慣れない手さばきで文章を打っていた頃。一通りの文字入力が終わり、ほっと一息。
さぁ、これから文字の大きさや行間の調整を行おうと、書体のサイズを10ポイントから16ポイントに変換しました。
でも、大きさが変わらない。2度3度と同じ操作を繰り返してもダメ。どうして?もしかしてこのパソコン、不良品?(笑)
すると横から息子が一言「なーにやってるの。変換したい文字を選択もせずに、サイズを変えようだなんて無理無理」
うーん、あの日の息子の勝ち誇った顔が今でも忘れられません(笑)

メールを毎日開くようになるには、
  1. 楽しいメールが毎日数件は来る環境をつくる。
  2. 興味のあるメルマガを数件申し込む。
     例えば小泉首相のメルマガ http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/
  3. 家族や友達とメール交換する。
  4. 趣味仲間とメールで情報交換する。(趣味のサークルに参加)
  5. 積極的に参加して自分の思いを書く。
メールを楽しむための技術解説

HTML形式文書かどうかの究極の見分け方
    (ファイル → プロパティ → 詳細 をクリック)

プレビュー画面の設定解除の方法(ウィルス対策)
汚染されて送られたメールがHTML形式だと、
メールをプレビューにしているだけでも感染する恐れがありますから、
メールを読むのにダブルクリックしなければならず、少し面倒になりますが、より安全のために、
Outlet Expressの「表示」から「レイアウト」を選び、「プレビューウインドウを表示する」をはずしてください。

  • ウィルス対策のおさらい
          (第1回講座で推奨のホームページを今一度見ておこう!)                        
  • 積み過ぎのアプリケーションソフトの削除の方法
  • デジカメの操作、PCへの取り込み、専用フォルダへの保存方法など
        (これは盛り上がりましたが、今回のカフェのねらいからはちょっとスピード違反でした。
    先へ行って、ホームページ作りの一環として勉強し直しましょう。)

トップへ


メールの送信方法について
(1)メーッセージ作成画面の送信ボタンを押して、メールをそのまま送信
(2)送信ボタンを押して、メールをいったん送信トレイに移してから、送受信ボタンを押して送信

(1)と(2)の違いは送信方法の設定の違いによるものです。
「ツール」→「オプション」→「送信」で「メッセージを直ちに送信する」にチェックが入っていると、(1)の方法に、チェックをはずすと(2)の方法になります。

(2)の方法にすると、メールを何通か送信トレイにためて一度に送ることができますし、送信トレイのメールをダブルクリックして、作成画面に戻し訂正すること もできます。

アドレス帳の名前、アドレスの登録について
(1)アドレス帳に名前を登録するとき、「姓」と「名」をそれぞれ入力したのに「姓」と「名」が逆になって表示されることがあります。

この時はアドレス帳の「表示」→「並べ替え」で「姓」を選ぶと姓名の順になります。

(2)アドレス帳にアドレスを登録したい時、手書きで入力すると間違いやすいので
次の方法でやりましょう。

アドレスを登録したい方のメールを開き、送信者の名前を右クリックしてください。
すると「アドレス帳に追加」という項目が出ますので、それをクリック。
「送信者のプロパティ」画面が開き、表示名(名前)と電子メールアドレスが表示されますので、「名前」をクリック。
開いた画面の「OK」ボタンを押すとアドレス帳に登録されます。


トップへ



ホームページに関する解説
「お気に入り」について
下記のサイトの中で、後々も活用すると思われるサイトは、 ブラウザーの「お気に入り」をクリックして追加して置いてください。
次回、すぐアクセスすることができます。
また「お気に入り」の数が増えたら、「お気に入り」から「お気に入りの整 理」をクリックして、そこの「フォルダの作成」をクリックすると、 フォルダが「新しいフォルダ」とできていますから、音楽なら「音楽」と 名前を付けます。次に音楽サイトを青転させて「フォルダへの移動」を クリックすると、フォルダが現れますから、「音楽」のフォルダを青転して 「OK」をクリックします。
分野別にフォルダを作っておくと、アクセスする時、便利です。

トップへ


URLをメールで正確に知らせる方法
  1. まず、このメールを返信にして、文章を削除しておきます。
  2. 次にInternet Explorerを立ち上げて、「お気に入り」から、   知らせたいホームページをクリックして、そのホームページを開きます。
  3. 次にブラウザーの「アドレス」にあるhttp://から始まるURLをクリック して、青転します。
  4. 「編集」から「コピー」をクリックして、メールに貼り付けるか、   右クリックして、「コピー」をクリックして、メールにカーソルを持っていって   右クリックして「貼り付け」をクリックします。
  5. そして、貼り付けられたURLの下に、そのホームページの名称、   できれば説明も書き込みます。
  6. 知らせたいURLが二つ以上ある場合は、これを繰り返して、   メールの形態を整えて送信します。
httpからのアドレスを入力するのは面倒ですが、上記のようにすれば 簡単で、入力ミスも起こりません。

トップへ


ホームページの印刷</td>
A4用紙に入りきらないとき、次の方法で縮小して印刷します。
字がちょっと小さくなって読みづらいですが用紙の節約にはなります。
(プリンタ・ドライバの違いで出来ないかもしれませんが、 CANONのBJC−430Jと同じような機種でしたら試してください。)
  1.  メニューバーの「ファイル」をクリックして「印刷」を選択する。
  2.  「印刷」のメニューから「プロパティ」をクリックする。
  3.  CANON BJC−430Jのプロパティが表示されるので    「拡大/縮小」にチェックをいれる。
  4.  用紙サイズをB4に選択する。
  5.  プリンタの用紙サイズをA4に選択する。      (縮小率は81%になります。)
  6.  OKをクリックする。
  7.  もう一度OKをクリックすると印刷が始まります。
ホームページで目次フレームを印刷しないためには 印刷したい本文の方を一度クリックしてアクティブにして置くと 大丈夫のようです。

トップへ

生活に役立つホームページもお気に入りに入れておくだけでは活用し難い です。
みなさんは、Internet Explorerを開いた時のホームページを何処のサイトに 設定していますか。
初期設定ではマイクロソフトのサイトになっています。
私は自分のサイトに設定していますが、初期設定のままの方も多いのではないかと思います。
それで、今まで検索してきた生活に役立つサイトを纏めて、 一つのサイトに作成して、Internet Explorerを開いた時のホームページに していただくと、そこからすぐ必要なサイトにアクセスできて使い易く、 後々も活用できると思います。

Internet Explorerのホームページの設定方法
Internet Explorerを開いて、ホームにしたいサイトを表示します。

「ツール」から「インターネットオプション」をクリックして、
「全般」の中の 「現在のページを使用」 をクリック、
下の方の「適用」をクリックして「OK]をクリックします。
これで、一度Internet Explorerを閉じて、
もう一度開くと設定したサイトになっています。



ホームページへ