November 30, 2005

拡張子の関連付けについて

拡張子が .odp のファイルは Open Office V2.0 用のもので、バージョン 1.1.4では開けませんので、2.0 のバージョンが必要です。
V1.1.4 のファイルは .sxi です。
V 2.0 から下位のバージョンの V1.1.4 のファイルは読み込めますが、下位のバージョンで上位のものを読み込むのは無理のようです。

関連付けについては、私もいつも苦労していますが、「すべてのプログラム」で表示
されるようなプログラムについては簡単に関連付けできますが、ダウンロードした
ソフトで「すべてのプログラム」に表示されないものを関連付けしようとするときは
なかなかうまくいきません。

Readme Text の解説によると V2.0 と旧バージョンを共存させてインストール出来るとあります。
旧バージョンをあとからインストールした場合は、新しいバージョンのセットアップ
プログラムをもう一度起動して修復を実行すれば、新しいバージョンが正しく登録されるそうです。

投稿者 admin : 12:32 PM | コメント (0)

November 28, 2005

Open Office2.0

OpenOffice 2.0 をダウンロードしてみました。
下記のサイトからWindows用をダウンロードできます。 ただちょっと容量が大きいです。
http://ja.openoffice.org/download/2.0/index.html

MP3ファイルを付けて再生の手順
メニューバーの「挿入」から「ムービーとサウンド」をクリックして
出てくる「ムービーとサウンドの挿入」のメニューの「ファイルの種類」の▽を押すと、
MIDI AUDIO、WAVE AUDIOやMPEG AUDIOが出てきます。
このMIDI、WAVE、MPEG(MP3)の3種類を指定して挿入すると
画面にパワーポイントとは違った大きなスピーカーのマークが出ますので、小さくして目立たないようにします。
それで、スライドショウをするとMusicは流れますが、でもこれを”.ppt”で保存して、PPTのViewerでみると音が出ません。
  (互換性が無いのかも知れません?)

▲好薀ぅ疋轡隋爾鮃圓手順として、
メニューバーの「スライドショウ」をクリックして表示される「スライドショウ」をクリックすれば、スライドショウは始まります。
または、右側の作業パネルの「アニメーションの設定」をクリックして、下の方の「スライドショウ」をクリックしても同じです。

OpenOffice 2.0をダウンロードしてインストールを終わった後、
「すべてのプログラム」を見ていくと、Draw, Writer, Impressなど6個のプログラムファイルがあります。、
Writer はMS Word 、Calc はMS Excel、Impress はMS PowerPoint で
Draw はWord の図形描画、Base はデータベースです。
そのほか良く判らないのがひとつあるので、プログラムのインストールや起動に時間が掛かるようです。
「すべてのプログラム」でOpenOfficeの6個のファイル名を表示させた状態で、
Impressを右クリックしてショートカットをつくり、それをデスクトップに移動させてプログラムを起動させています。

いままで試した範囲では
Power Point Viewer では文字のフォントやアニメーションでは互換性があまり無いことが判りました。
前のバージョンの方が互換性があったようです。
プレゼンテーションとして使うには、その辺のことを充分考慮しておく必要があります。
PowerPoint から OpenOffice へは OK ですが、その逆は難しいよう

★音声ファイルの再生手順
音声を再生するにはスライドショーに切り替えた画面で自動的に鳴らす。
パワーポイントでは作成画面で音声アイコンをクリックすれば、その場で聴けるようになっています。ここが違うのでした。

これを”.ppt”で保存して、PPTのViewerでみると音が出ません。
(互換性が無いのかも知れません?)
OpenOfficeで作成した画面は、PPTファイルに変換して保存出来ますが、これをPPTで再生すると、音声ファイルのアイコン自体が消えています。この点、互換性がないようです。

★スライドショーを行う手順
これは、メニューバーの「スライドショウ」をクリックして表示される 「スライドショウ」をクリックすればスライドショウは始まります。
OpenOffice. org Impress に切り替えて画面を作成しましたら、メニューバーに「スライドショー」のメニューが現れます。

★互換性の問題
  PowerPoint  →  OpenOffice の場合
      *フォントとアニメーションはOK(移って来る)
      *音楽ファイルは付いて来ない。

  OpenOffice  →  PowerPoint の場合
      *フォントは変化する(文字自体は読めるが不恰好)
      *アニメーションは付いて来ない。
      *音楽ファイルも付いて来ない。
という具合ですが、今年の場合OpenOfficeで行くとして、

 ゝ酣のPowerPointのソースを利用することは基本的に可能。
  音楽ファイルはもともと今年は見直した方が良い。

 ∈埜紊料輅埆犬魑酣のようにPowerPointで行うことをしなければ
  OpenOffice → PowerPointのパスは必要がない。
  新OpenOfficeには豊富なアニメーション機能が付いたので、
  これを利用して、全ての作業を新OpenOfficeで統一した方が  楽しい。

 I抻慮涕个両写真集(?)を新OpenOfficeで作ってみましたので
  リンクしているMIDIファイルと纏めて添付しますから、検討してください。

  マイドキュメントなどにフォルダを設けて、そこへ一緒に保存して見てみてください。
リンクが切れるようでしたら、貼り直してください。
    
 げ萍未寮擇蠡悗┐函▲ブジェクトの進行は手動にしていますので、
  画面を何度もしつこくクリックしながら進めてください。

★全自動で実行させるように一部手直ししたものを添付で送ります。
次の画面に移る時間を、なるべく長く音楽を聴けるように15秒に設定しています。

次の画面に移る設定は、作業パネル(画面の左端)の下のほうにある
「画面の切り替え」をクリックすると、この画面になりますから、「次の動作の
あとで自動的に」をクリックして秒数を入力すればOKです。

クリックしてアニメーションを進めないで、これも自動にするには上の作業
パネルの「アニメーションの設定」で「効果マグニファイ」の「開始」を「クリック」
以外の「直前の動作のあと」にすればクリックする必要がなくなります。
MASAO.jpg


  

投稿者 admin : 08:52 PM | コメント (0)