December 11, 2004

Webpageに関する用語

アスキー用語辞典より
【Webページ】読み方:ウェブページ
Webブラウザで表示されるコンテンツのこと。ホームページと呼ばれることが多いが、ホームページの本来の意味は、Webブラウザに設定した起動直後に表示されるWebページのこと。

【ホームページ 】HomePage
本来はインターネットブラウザを立ち上げたときに、初めに表示されるように設定されたウェブページのこと。しかし、日本ではインターネットが普及するにつれ、ウェブページすべてをホームページと呼ぶ傾向になってきている。しかし海外ではホームページとは、本来の意味にしか使われていない。ドットピーシーでは、ホームページとウェブページの意味の違いを使い分けているが、一般的にわかりにくい点もあるので、タイトルなどでウェブページをホームページと表記する場合もある。
Webの普及にともなって単にWebコンテンツの入り口となるトップページをホームページと呼ぶようになってきた。
【ウェブサイト】
「ウェブページ」「ホームページ」などともいわれる。「ウェブ」は「ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)」の「Web」(原語の意味は「クモの巣」)で巨大なネットワークであるインターネット網の「網」の部分を指しているが、ほとんどインターネットと同義。「サイト」は「登録場所」のこと。また、ウェブページが登録された「ウェブサーバ」と同義の場合もある。ただし、ウェブサーバには、複数のウェブサイトが存在できる。ウェブサイトはウェブページの全体や存在を漠然と示す場合に使われ、ウェブページは特定のページや複数のページを指す場合にも使われる。
正しく表現なら Weblog(ウェブログ) でしょうが・・
これはどっちでもいいじゃん!・・でしょうか?
でも、日本人は略すのが好きなんかなー(笑)
【blog】 
Weblog(ウェブログ)の略で、ブログと読む。日々更新する日記的なページを指す。他者のblogに対するコメントを、自サイトの日記のネタとして利用する際に、先方に記事の引用を知らせるとともに、自分の記載したコメントを先方に自動送信する“トラックバック機能”を持つ場合が多い。この機能を利用すると、どちらのウェブサイトからでも相互のblogのコメントが参照できるため、単独のblogよりも幅広い意見交換が期待できる。

投稿者 admin : 05:16 AM | コメント (633)