June 24, 2004

MovableTypeの画像のサムネイル作成と中心寄せ

「ファイルのアップロード」で画像をアップロードして
「このイメージのサムネイルを作る」に印を入れて、
画像の横幅を150ピクセルにして、「縦横の比を変えない」に印を入れて
Embedをクリックするとタグが現われるので、説明を書く。
中央寄せにする場合は 

で囲んでから、
タイトルを入力して保存する。
数枚の画像を投稿する場合は、再びファイルのアップロードで
画像をアップロードして、現われたタグを切り取って
先ほどのエントリー編集画面に貼り付けて保存して、これを繰り返す。
例  http://syonets.com/weblog/
「神戸の街」の「Entryの編集」をご覧ください。

投稿者 admin : 07:48 PM | コメント (0)

June 01, 2004

音楽系ファイルの作り方と楽しみ方

音声ファイルの作り方
(1)【PC内のサウンドレコーダーで録音】  
・ラジカセの出力端子(イヤフォン端子)とPCのマイクロフォン入力端子をコードで接続する。
(注)マイクから直接入力するときは、マイクをPCのマイク端子に接続。
・プログラム → アクセサリー → エンターテイメント → サウンドレコーダーを立ち上げ。
(60秒単位にクリックすれば、延長可能) 
<デモ曲3分で、WAVファイル3.78MB作成>
・「名前を付けて保存」→ これを次により、MP3ファイルに変換する。
【MP3ファイルへの変換】
EASY MP3 ENCODER 2.0 フリーソフトをダウンロードしてインストール。
  http://hp.vector.co.jp/authors/VA019023/
・設定画面で、サンプリングレート、ビットレート、エンコード品質などを指定する。
★今回は、サンプリングレート 22050Hz
       ビットレート     16kbps
       チャンネル     モノラル
       エンコード品質   推奨
・上記の保存済みのファイルを呼び出して、PCトップ画面のEasyMP3encoderのアイコンに向けて、ドラッグ&ドロップするだけで自動的にMP3ファイルを作成。
<デモ曲3分で、MP3ファイル351KB作成>
(2)【「ぽけっとれこーだー」で録音】 
フリーソフトの「ぽけっとれこーだー Ver2.17 Final」をダウンロードして利用。
http://chrono.pos.to/ppp/
・ラジカセとの接続等は、(1)に同じ。
・「ぽけっとれこーだー」を起動したら、「設定」→「形式の選択」をクリックして、録音形式を選択する。
★今回は、22050Hz 16kbps モノラルを選択。
「録音」をクリックして録音実施。
 <デモ曲3分で、WAVファイル7.65MB作成>
★サウンドレコーダーだと1分単位だが、こちらは長く録音が可能。
・MP3ファイルへの変換方法等は(1)に同じ。
<デモ曲3分で、MP3ファイル 355KB作成>
★MP3ファイルに圧縮しても素人の耳では音質は変らないか、反ってよく聞こえる。
(3)【オーディオ変換アダプターDAVOXを利用】
 ?IO-DATAの製品(\10,000程度)
・カジカセ(テープ)←→ PCのUSB端子へ接続。
・付属の音声ソフトSound it! 3.0 LE を起動して取込み。WAVファイルが先ず作成されるが、
保存時点でMP3ファイルとしての保存も選択できるので、わざわざMP3変換ソフトを使用する必要が無く便利。音質特性の選択も豊富。
<デモ曲3分で、WAVファイル30.4MB作成>
<デモ曲3分で、MP3ファイル 706KB 作成>
(4)【ディジタル・ヴォイス・レコーダーを利用】
SANYOのICR−B90RM(\20.000程度)
・ICR内臓のマイクで録音。MP3ファイルが作成され、ICR内に保存される。WAVは作らない。
音質は「ハイクォリティ」「標準」「やや落ちる」の3種から選択出来る。
・カセットテープから取り込むには、ラジカセの出力端子(イヤフォン端子)とICRのマイク端子をコードで接続して、ラジカセを演奏させながらICRに録音する。
・PCへの取り込みは、ICR自体を直接PCのUSB端子へ差し込み、マイコンピューターから当該MP3ファイルをマイドキュメントにドラッグ&ドロップする。  
<デモ曲3分で、MP3ファイル 1.23MB 作成>

楽譜の作成 と 演奏
(5)【Singer Song Writerを利用】?
インターネットのSinger Song WriterLite 4.0(\11,000程度)
・昨秋11月〜12月に放映されたNHK3ch趣味悠々の番組で使用された上記の音楽ソフトを利用。
・五線譜への入力は、?音声、?キーボード、?マウスによる書き込みの3通りがあるが、
★今回は?マウスによる書き込みを紹介。
 演奏楽器を替えることができる。
・アレンジウィンドウで伴奏などの本格的なアレンジが出来る。
・音色はトーンマップに128種類用意されている。
★単音の楽譜に、簡単に伴奏が付けられる。
・作成ファイルは .ss4 の拡張子を持つが、WAV形式で保存できるので、  それを更にMP3に縮小することも可能である。
譜面は歌詞を入れて印刷出来る。
・MIDIファイルを呼び込んで楽譜上に表し、これを修正して上書き保存することが出来る。
・譜面は歌詞を入れて印刷出来る。
・MIDIファイルを呼び込んで楽譜上に表し、これを修正してMIDIファイルとして保存出来る。
★Mp3ファイルをメールに添付することはできるが、BGMとして貼り付けることは不可能、ウェッブページには搭載できる。
★Wavファイルは、メールに添付することも、BGMとして貼り付けることも可能だが、BGMだとメールを開いたとたんに音楽や音声が流れるのはネチケット上は薦められない。

説明だけでは分かりにくいと思いますが、上記に従ってお試しください。

投稿者 admin : 09:23 AM | コメント (0)